2018年12月06日

12/02 BVSクリスマス会準備と落葉切り絵

20181202BVS2.jpg20181202BVS1.jpg
今日は、最初にクリスマス会のスタンツの練習をしました。今年は「せんたくのうた」です。まずは「みんなでせんたく」という絵本を読んで洗濯板を使った方法を知りました。そして隊長と一緒に歌と振り付けを練習しました。リハーサルは1回でバッチリ本番が楽しみです。

次に公園で落ち葉を集めて持ち帰り、落ち葉工作をしました。光が丘公園は紅葉真っ盛りで、赤い葉や黄色い葉、羽や枯れた花を持ち帰りました。画用紙にボンドで葉っぱを貼り、ハサミやカラーペンを使って細かく緻密なものや、大胆なもの、それぞれ個性豊かな作品が出来上がりました。

最後にカブ隊ボーイ隊のお姉さんお兄さんから、カブ隊のお話を聞きました。一年間のスケジュールや楽しかったこと、印象に残ったことなど話してくれました。みんな興味津々な様子でした。

今日は気温も低く内容も盛りだくさんでしたが、みんな元気に楽しく活動することができました。


工藤母 

posted by BS練馬9webチーム at 01:07| Comment(0) | ビーバー隊

2018年11月16日

11/11BVS天覧山ハイキング?

20181111hiking.jpg
気持ちよい秋晴れの中、毎年恒例の天覧山ハイキングです。

まだ都内では紅葉は見られませんが、山はすっかり秋模様。

ビーバーの仲間全員が顔をそろえ、体験のお友達1人とスカウトの弟君(年中さん)

も参加してくれました。


 飯能駅を出発し住宅街をぬけて、天覧山の入口に到着!

お寺の周りはすっかり紅葉で色づいていい雰囲気。

「ここでおにぎり食べた〜い!」と叫んでいるスカウトもいましたが、ここからが出

発です。


 登り始めると、疲れたー、足いたーい、まだー?と文句の多いスカウトですが、鎖

を使って登る急な傾斜に来ると、俄然張り切ります!こどもってすごい!

また、道々目印となる看板などを見つけるとスタンプをもらえるのですが、これも

あっという間に見つけてしまいました。


 瞬く間に天覧山登頂!

少し雲がかかっていましたが、都心のビル群や、スカイツリーもうっすらと見えまし

た。

山頂に着いたのでスカウトはまたもおにぎり食べたいコールです。いえいえ、まだ1

1時ですから。


と、いうことで多峯主山山頂を目指します。

ここからは綺麗に木々が並ぶ林間をしばらく行きます。

そして長い長い鎖を使った登り道。

おなかもペコペコ、疲れていたとは思いますが、皆一生懸命登りました。


 多峯主山山頂で待ちに待ったおにぎりタイム!

眺めの良いところで食べるおにぎりは格別です。

同伴のお母さんたちの中では見学のお友達のおにぎりレシピで大盛り上がり。

ケチャップライスを薄焼き卵で包んだロールおにぎり!ブームの予感・・・

新しいお友達が増えると新しい発見があります。


 おなかいっぱいになったところで下山開始。

エネルギーがチャージされたからか、こども達パワー全開で隊長を追い抜かし、しか

られる場面もありましたが、全員無事に下山することが出来ました。


 実踏、プリント準備などしてくださった隊長、副長の皆さん、同伴いただいたお父

様、お母様、スカウトの皆、体験のお友達、弟君、楽しい秋の1日をありがとう!



伊波副長 

posted by BS練馬9webチーム at 08:58| Comment(0) | ビーバー隊

2018年09月11日

9/9BVS紙飛行機

hikouki.jpeg
今日は、夏休み明け久しぶりの活動!

久しぶりにみんな集まったスカウト達、本日の活動は、

【光が丘公園で紙飛行機を作って、広い空に、空高く飛ばしましょう。】


その前に、飛ぶことが出来る生き物をお題に、みんなでクイズ「私はだあれ?」の

ゲームをしました。

みんなで、ヒント?答え?を言っちゃったり、ワイワイ盛り上がって、空飛ぶ生き物

のお勉強をしました。

さぁーいよいよ次は、自分で紙飛行機を作って飛ばしましょう!

隊長のよく飛ぶ紙飛行機レシピにそって、みんな真剣に、ひと折りひと折り。形が見

えてくると、ワクワクが止まらずひとっ飛びしちゃいたい、飛行機が沢山待機。のり

で固定中におやつタイム。

さぁー、色塗り・飛ばし棒を完成させたら、飛ばしに行こう。

空が大きく見える場所に移動して、みんなで空に向かってゴー!

真っ直ぐ飛ぶ飛行機、クルクル回る飛行機、みんな大はしゃぎでとっても素敵な時間

でしたね。

公園に来ていた紙飛行機達人の叔父さん達にも、助けられながら、紙飛行機は空高く

飛んで居ました。

ありがとうございました。


遠藤副長 

posted by BS練馬9webチーム at 08:56| Comment(0) | ビーバー隊

2018年08月12日

8/4 BVS夏キャンプ

\xE5\xA4\x8F\xE5\x90\x88\xE5\xAE\xBF_R.JPG
8月3日〜8月6日は長野県小諸で9団の夏キャンプです。カブ隊は信州青少年の家で、ボーイ隊は近くのキャンプサイトでキャンプです。


ビーバー隊は途中の8月4日から一泊舎営で参加しました。ビーバースカウト五名が保護者同伴で参加しました。高速バス組と自家用車組に別れて目的の小諸まで向かいました。高速バス組は練馬区役所前から高速バスで出発し、渋滞に巻き込まれつつ一時間遅れで小諸駅に到着。そこから高下団委員長がビーバー達のために池の平まで通常ありえない丁寧な運転で送ってくれました。池の平で無事自家用車組と合流を果たしました。セレモニーをして、お弁当を食べて、ハイキングに出発しました。頑張って登ったら、絶景ポイントに到着。山々はビーバーのヤッホーという叫び声には無情にも応えてはくれませんでしたが、しばし絶景を堪能したあと、池の平湿原の回りを歩きました。二時間ほど歩いて池の平駐車場に戻ってくると、カブ隊と合流し、マイクロバスで宿舎に戻りました。マイクロバスではカブ隊の考えた歌を大合唱でした(^^;


宿舎に荷物をおいた後、車でボーイ隊のキャンプサイトを見学。ボーイ達は慣れた手つきで料理中でした。ボーイ隊のサイト見学はビーバー達がボーイ隊の活動に興味を持つことを期待して企画しましたがハイキングで疲れた後だったためかちょっと退屈そうでした。興味持ってほしいです。


宿舎に戻って夕食後、ビーバーと隊長がいっしょにお風呂に入った後、待ちに待ったカブ隊のキャンプファイヤーに参加させてもらいました。(残念ながら今回の宿舎ではキャンプファイヤー禁止のため屋内でランプを囲んでの疑似キャンプファイヤーでした。)アクションソングやカブ隊のスタンツを楽しみました。実はカブのある組がスタンツの用意が間に合わずほとんどごめんなさい状態でしたか、あるビーバーが

「スタンツ用意できないのはダメだよね」と言ったところ、ビッグビーバーが「カブに行ったら自分が言われるんだぞ」とたしなめていました。さすがビッグビーバーと頼もしく感じました。



夜は寝るまでバタバタしましたが、なんとかスカウト達を寝かしつけました。キャンプ初日は緊張して眠れないスカウトがいます。大人でもリーダー訓練の初日ではほとんど眠れない人がいます。その意味でキャンプで寝ること自体が、キャンプに慣れていないスカウトにとっては試練になります。頑張りました。


次の日の朝は6時起床。6時半から、全体セレモニー、体操、スカウツオウン、新聞紙を使ったミニゲームをしました。セレモニーやミニゲームは涼しくて爽やかでし

た。


その後、朝食。昨日の夜より疲れたためか、食事が進まないビーバースカウトが多かったです。疲れたよね。


9時からカブ隊と合同班でネイチャーゲームを実施。

その後、カブ隊のカレー料理に野菜の皮剥きなどで参加しました。カレー完成後、カレーを食堂でふるまって頂きました。甘口カレーでとても美味しいとビーバーも大満足。


その後、帰り支度をしてビーバーは高速バス組、自家用車組に別れて帰路につきました。


はじめてのキャンプ、疲れたと思いますが、楽しい思い出にもなってほしいです。親子参加でお母さんに甘えていたビーバーもカブになったら一人でキャンプに参加できるよう、これからもビーバースカウト達の成長のために頑張って活動しようと思いました。


ビーバー隊長 野田 

posted by BS練馬9webチーム at 19:19| Comment(0) | ビーバー隊

7/29 BVSムササビ観察

\xE3\x83\xA0\xE3\x82\xB5\xE3\x82\xB5\xE3\x83\x93_R.JPG
台風一過の日曜日、ビーバー隊はムササビを見るために高尾山にナイトハイクを行いました。体調不良のために参加できなくなったスカウトもいて、ビーバースカウトは三名のみとなりました。ゲストでカブスカウトが三名、ボーイスカウトが一名でした。リーダーは全員参加の五人体制でした。そして、懐かしい斎藤前隊長が合流してくれました。
高尾山のケーブルカーに乗って、そこから薬王院まで20分程度のハイキングです。途中で階段があり、何段かなとクイズでした。ビーバーはすごい勢いで上りきり、答えあわせ。正解は煩悩の数でした。
薬王院についたら、まずは腹ごしらえ。皆でおにぎりを食べました。
19時頃、ようやく日没です。斎藤さんに三ヵ所のムササビの巣を教えてもらい、三ヵ所に別れて観察開始。暗くて段々巣穴が見えなくなってきました。実はリーダーは下見のときはムササビに会えず今日もいないかなと思ってましたが。。。そのときボーイのえいりゅう君がムササビを発見!皆で高い樹を見上げて、見えた見えないといっているうちに、ムササビが大きくマントをひろげて滑空しました。おお!と私は思いましたが、皆、ビーバーたちも、大きな声を出してはいけないとひそひそ声でムササビが跳んだ先の樹に集まり、どこにいるの?あそこにいるよとムササビを探しました。
19時半に速やかに撤収開始し、ケーブルカーにて下山 。ムササビに会えた喜びでいっぱいでした。参加したビーバーには夜遅くなり申し訳ない一面も隊長としては感じましたが、夏休みの思い出になってほしいです。

ビーバー隊長 野田 

posted by BS練馬9webチーム at 19:11| Comment(0) | ビーバー隊