2017年11月07日

11/5 BVS多峯主山(とうのすやま)ハイキング

DSC_2296.JPGPoint Blur_20171107_163033.jpgPoint Blur_20171107_162222.jpg






久しぶりにお天気の良い日曜日、埼玉県飯能市の多峯主山へハイキングに行ってきました。




光が丘バスロータリーに9時に集合、大江戸線から西武池袋線に乗り継ぎ飯能駅に到着しました。


駅から登山口までの道程では、飯能祭りの屋台や山車が出ていてとても賑やか。しかし野田隊長を見失わないようによそ見をしている暇はありません。

程なくして登山口に到着です。隊長より、

「これから山に登りますので、頑張って下さい。」の一言がありいよいよ山登りに出発!


初めからかなりの急勾配。でも子供達はトコトコハイペースで登って行きます。山の中はひんやり、空気も澄んでいて気持ち良いです。少し登った所でお水を飲んで休憩。ここからは予めもらっていたビンゴゲームの用紙を首にかけ、説明を受け、さ、つ、ま、い、も、の小グループに分かれて出発します。約束は「野田隊長を絶対に追い越さないこと、道から外れて歩かないこと」です。


ビンゴのマスには、つるつるやサラサラ、赤ちゃん、赤い葉っぱ、水の音、などの言葉が書き込んであり感覚を使いそれらの言葉にぴったりの何かを探しながら山を登って行きます。仲間と協力しながら、沢山観察し、楽しみながらいつの間にか山頂に近付いて行く事が出来ました。


山頂目前、手を使って登るため子供達は皆軍手を装着です。ハイキングと聞いていた母ですが、これは立派な登山だな。鎖をつたい最後の難関を越えると標高271メートルの頂上に到着!見晴らし最高!うっすらと富士山も見えました。ビーバー達、疲れたーと言いながらも皆んな嬉しいお顔。景色を見ながら皆んな一緒におにぎりを頂きました。写真撮影をして、今度は下山です。


ビンゴゲームの続きをしながら、小川の流れる道を通り、鳥の声を聞きながら、無事に下山することができました。最後は中央公園に寄り再来週の活動のゲームの予習を楽しんで、またまたお祭りの中を通り抜け飯能駅に戻りました。


光が丘ロータリーで解散です。皆んな本当によく歩きました。子供達はまた1つ自信がつき、成長できた1日だったのではと思います。


虎之進 母



posted by BS練馬9webチーム at 22:50| Comment(0) | ビーバー隊

2017年10月23日

10/15? 大江戸線一周 副長を探せ?

Point Blur_20171018_031233.jpgPoint Blur_20171018_031129.jpgPoint Blur_20171018_031110.jpg
今日は残念ながら、朝から雨となったため、収穫体験の予定が雨の日プログラムに変更となりました。

副長を探せという冒険ゲームです。副長たちが悪い魔女に連れ去られて魔法で固まってしまったので、電車に乗って探し、ビーバー隊の約束と決まりを唱えて魔法をといて、副長たちを助け出します。


9時30分にダイソー前に集合しました。

メンバーはビーバー6人、そして今日から新しく入隊したおまめ1人、体験者1人でにぎやかな冒険になりそうです。

電車に乗る前にお年寄りに席を譲ること、騒がないこと、走らないことなど隊長より注意事項のお話がありました。


まずは、六本木を目指しました。

光が丘から時間がかかり、席に座らずに立っていたので飽きてしまう子もちらほらいました。

そのため隊長が「パン屋に五つのメロンパン」を小さな声でしていました。


六本木ミッドタウンのほうへ向かうと石のオブジェの前で固まっている植木副長を発見しました!

スカウトたちは石のオブジェにも興味津々でしたが副長を助けるためにするべきことを忘れていませんでした。

みんなで一緒に「僕はみんなと仲良くします。ビーバー隊の決まりをまもります」と唱えると動けるようになった植木副長から、みんなにありがとうとお礼がありました。


次は汐留に移動です。

ここは、乗車時間も短いので、飽きてしまうことはありませんでした。

駅を降りて歩いていくと、カレッタ汐留の噴水の横で固まっている成田副長を発見しました。

「ビーバースカウトは元気に遊びます」と唱えて成田副長の魔法がとけました。

みんなの頑張りのおかげで二人の副長の魔法がとけたようでよかった、と思うのもつかの間、あっ、久保副長が!!と野田隊長が気づいたところ、なぜか走り去る久保副長の姿が・・・。


スカウトたちは必死に追いかけ始めました、が見失ってしまいました。

気づくと、なんと金子副長もいません。

魔女から野田隊長のところにメールが来ていて、どうやら成田副長の魔法をといて喜んでいる間に二人の副長たちが別のところに連れられてしまったようです。

次に春日のシビックセンターに移動しました。電車に飽きてきたスカウトたちに隊長より知恵の輪の差し入れがあり、夢中になって知恵の輪で遊び始め、移動もスムーズでした。

シビックセンターの展望室まで登りました。雨ですが、見晴らしはとても良かったです。

展望室を歩いていると固まってしまった金子副長を発見しました。

「ビーバースカウトはものを大切にします」と唱えると無事に金子副長にかかっていた魔法がとけました。


最後に都庁の展望室に移動です。

光が丘が見える一角があるというので、スカウトたちと見に行くとそこには固まってしまった久保副長の姿がありました。

「ビーバースカウトはよいことをします」と声のトーンを抑え気味に唱えると(他に観光客がいっぱいいたので)久保副長の魔法がとけました。


みんながきちんとビーバー隊のやくそくと決まりを唱えることができたので、副長たちにかかった呪いが無事にとけました。よかったですね。しかし、なぜか魔女の姿がみられないと不満の声もちらほら聞こえてきました・・・。

悪い魔女を捕まえられたら、もっと楽しかったですね。次回、みんなで力を合わせて悪い魔女を捕まえられたらいいなーと思いました。


帰りの電車の中では、疲れてしまったスカウトたちもいましたが、魔女に連れ去られた副長たちを連れて無事に光が丘に帰ってくることができました。よかったですね。


りょうへい、ももかの母

posted by BS練馬9webチーム at 08:39| Comment(0) | ビーバー隊

2017年10月09日

10/01赤い羽根共同募金

Point Blur_20171009_160802.jpgPoint Blur_20171009_160944.jpgPoint Blur_20171009_161024.jpg

10月1日の活動はビーバー隊からベンチャー隊の共同活動の赤い羽根共同募金です。

穏やかな気候の上、よい天気に恵まれました。

15:15に光が丘駅ロータリーにスカウトは集合です。昨年は午前中の募金活動でしたが、今年は午後に募金です。他団とかぶらないようにするためかも?


セレモニーではカブ隊の岡村隊長からはじめの挨拶がありました。

集められた募金は何に使われるかわかるかな?とクイズがあり、カブスカウトが答えてくれました。さすがカブスカウトです。


15:30から募金活動を開始しました。

ベンチャー、ボーイ、カブ、ビーバーの混成班で三班に分かれ、IMAの前、月見大橋の下、ダイソー側駅出口の三か所を30分ずつのローテーションです。スムースに呼びかけをはじめる班もあれば

なかなか立ち位置が決まらず呼びかけが始まらない班もありました。

ですが、しばらくすると全ての班が軌道に乗ってきました。


定番の「赤い羽根共同募金にご協力お願いします」の呼びかけですが、大きな声で元気よく呼びかけをする班もあれば、あまり大きな声を出さずにマイルドな呼びかけをする班もありました。でも、どの班をみても通りかかる人たちが親切に募金をしてくれていました。


募金活動を17:00まで頑張り、全ての班がロータリーに戻りました。

みんなとても頑張ったと思います。終わりのセレモニーをして解散しました。

参加した皆さん、本当にお疲れ様でした。


赤い羽根共同募金は今年でちょうど70周年を迎えましたが、今年も9団は自分たちの地域に貢献できたと思います。



ビーバー隊 野田



posted by BS練馬9webチーム at 23:28| Comment(0) | 練馬9団

2017年09月24日

9/17? BVS自然に親しもう

Point Blur_20170919_232252.jpgPoint Blur_20170919_232252.jpgPoint Blur_20170919_232643.jpg



三連休の中日。

台風の影響で、残念ながら室内活動となりましたが、体験のお友達が3名も来てくれました。


まず始めは、どんぐりジャンケン。

1人5個のどんぐりを持ち、ジャンケンをしていきます。勝ったら どんぐりを1個ゲット!負けたら1個渡さなければなりません。

次から次へと相手を見つけ、ジャンケンしていく子ども達。一緒に入ってくれた保護者のみなさんも真剣勝負!「勝ったー!負けたー!」と盛り上がりました。



続いては、どんぐりを使った工作。

どんぐりのストラップ・コマ・やじろべえを作ります。


思い思いに絵を書いたり、ニスを塗ったり、できた作品で遊んだり…。中には、竹ひごと どんぐりで飛行機?を作る子も!!どんぐりは沢山 拾うけど、なかなか ここまで活用することはなかったので、良い経験になったのではないでしょうか。



最後はゲーム。

1つ目は「ノーズ」というゲームをしました。

出題者が、とある生き物の特徴を1個ずつ、全部で8個挙げていきます。スカウト達は わかった時点で、声は出さずに自分の鼻を人差し指で押さえます。全ての特徴が出揃ったところで「せ〜の!」でみんなで答えを言います。


最初の2問は副長から出しましたが、参加した2名が出題に挑戦してくれました!

早々に鼻を押さえる子、途中で違うかも?と離す子。みんなの頭の中には様々な生き物が浮かんでいたかと思います。問題を出してくれた子も上手に特徴を言ってくれました。


続いてのゲームは「ノアの箱舟」。

何回かやった お友達もいますが、今回は蝶やカマキリなど虫も入れてやりました。


配られたカードの生き物を、声は出さずにジェスチャーのみで表現して、ペアとなる相手を見つけます。お互い、同じ生き物と思ったら箱舟ゾーンへ。みんな、無事に相手を見つけられましたね。



暑さも一段落し、これから外出もしやすくなるかと思います。今回は室内でしたが、実際に外へ出て季節の移り変わりを感じたいな…と思いました。


金子



posted by BS練馬9webチーム at 23:43| Comment(0) | ビーバー隊

8/20BVS板橋区立教育科学館

Point Blur_20170903_175652.jpgDSC_1730.JPGPoint Blur_20170903_175728.jpg






8/20のビーバー隊の活動は、初めての成増駅集合。隊長といつもの「ビーバーコール」。

電車では騒がないこと、お年寄りには席を譲ることを約束して、活動が始まりました。


活動場所は、板橋区立教育科学館。

始めにプラネタリウムの鑑賞です。

「三びきのこぶた ながれぼしをみた」というお話を観ました。

プラネタリウムは初めてのスカウトもいましたが、暗くなっても泣くこともなく静かに鑑賞できました。

天井を見上げて綺麗な星空を見ながら、「わぁ〜」という声も聞こえていました。


続いて科学展示室へ。

斜めに作られた不思議な感覚の部屋を上ったり、映像が飛び出し、イスがゆれる地震体験。錯覚コーナーではなんと!自分の生首が︎

他にも様々なコーナーがあり、楽しいスペースで科学を学びながら遊ぶことができました。

まだまだ、遊びたいスカウトもいたようですが、時間いっぱいに楽しんだようです。


ボーイスカウトでの色々な体験を通して、何か自分が夢中になれること、将来につながる何かを見つけられたらいいなと感じました。


成田



posted by BS練馬9webチーム at 23:41| Comment(0) | ビーバー隊