2017年10月09日

10/01赤い羽根共同募金

Point Blur_20171009_160802.jpgPoint Blur_20171009_160944.jpgPoint Blur_20171009_161024.jpg

10月1日の活動はビーバー隊からベンチャー隊の共同活動の赤い羽根共同募金です。

穏やかな気候の上、よい天気に恵まれました。

15:15に光が丘駅ロータリーにスカウトは集合です。昨年は午前中の募金活動でしたが、今年は午後に募金です。他団とかぶらないようにするためかも?


セレモニーではカブ隊の岡村隊長からはじめの挨拶がありました。

集められた募金は何に使われるかわかるかな?とクイズがあり、カブスカウトが答えてくれました。さすがカブスカウトです。


15:30から募金活動を開始しました。

ベンチャー、ボーイ、カブ、ビーバーの混成班で三班に分かれ、IMAの前、月見大橋の下、ダイソー側駅出口の三か所を30分ずつのローテーションです。スムースに呼びかけをはじめる班もあれば

なかなか立ち位置が決まらず呼びかけが始まらない班もありました。

ですが、しばらくすると全ての班が軌道に乗ってきました。


定番の「赤い羽根共同募金にご協力お願いします」の呼びかけですが、大きな声で元気よく呼びかけをする班もあれば、あまり大きな声を出さずにマイルドな呼びかけをする班もありました。でも、どの班をみても通りかかる人たちが親切に募金をしてくれていました。


募金活動を17:00まで頑張り、全ての班がロータリーに戻りました。

みんなとても頑張ったと思います。終わりのセレモニーをして解散しました。

参加した皆さん、本当にお疲れ様でした。


赤い羽根共同募金は今年でちょうど70周年を迎えましたが、今年も9団は自分たちの地域に貢献できたと思います。



ビーバー隊 野田



posted by BS練馬9webチーム at 23:28| Comment(0) | 練馬9団

2017年09月24日

9/17? BVS自然に親しもう

Point Blur_20170919_232252.jpgPoint Blur_20170919_232252.jpgPoint Blur_20170919_232643.jpg



三連休の中日。

台風の影響で、残念ながら室内活動となりましたが、体験のお友達が3名も来てくれました。


まず始めは、どんぐりジャンケン。

1人5個のどんぐりを持ち、ジャンケンをしていきます。勝ったら どんぐりを1個ゲット!負けたら1個渡さなければなりません。

次から次へと相手を見つけ、ジャンケンしていく子ども達。一緒に入ってくれた保護者のみなさんも真剣勝負!「勝ったー!負けたー!」と盛り上がりました。



続いては、どんぐりを使った工作。

どんぐりのストラップ・コマ・やじろべえを作ります。


思い思いに絵を書いたり、ニスを塗ったり、できた作品で遊んだり…。中には、竹ひごと どんぐりで飛行機?を作る子も!!どんぐりは沢山 拾うけど、なかなか ここまで活用することはなかったので、良い経験になったのではないでしょうか。



最後はゲーム。

1つ目は「ノーズ」というゲームをしました。

出題者が、とある生き物の特徴を1個ずつ、全部で8個挙げていきます。スカウト達は わかった時点で、声は出さずに自分の鼻を人差し指で押さえます。全ての特徴が出揃ったところで「せ〜の!」でみんなで答えを言います。


最初の2問は副長から出しましたが、参加した2名が出題に挑戦してくれました!

早々に鼻を押さえる子、途中で違うかも?と離す子。みんなの頭の中には様々な生き物が浮かんでいたかと思います。問題を出してくれた子も上手に特徴を言ってくれました。


続いてのゲームは「ノアの箱舟」。

何回かやった お友達もいますが、今回は蝶やカマキリなど虫も入れてやりました。


配られたカードの生き物を、声は出さずにジェスチャーのみで表現して、ペアとなる相手を見つけます。お互い、同じ生き物と思ったら箱舟ゾーンへ。みんな、無事に相手を見つけられましたね。



暑さも一段落し、これから外出もしやすくなるかと思います。今回は室内でしたが、実際に外へ出て季節の移り変わりを感じたいな…と思いました。


金子



posted by BS練馬9webチーム at 23:43| Comment(0) | ビーバー隊

8/20BVS板橋区立教育科学館

Point Blur_20170903_175652.jpgDSC_1730.JPGPoint Blur_20170903_175728.jpg






8/20のビーバー隊の活動は、初めての成増駅集合。隊長といつもの「ビーバーコール」。

電車では騒がないこと、お年寄りには席を譲ることを約束して、活動が始まりました。


活動場所は、板橋区立教育科学館。

始めにプラネタリウムの鑑賞です。

「三びきのこぶた ながれぼしをみた」というお話を観ました。

プラネタリウムは初めてのスカウトもいましたが、暗くなっても泣くこともなく静かに鑑賞できました。

天井を見上げて綺麗な星空を見ながら、「わぁ〜」という声も聞こえていました。


続いて科学展示室へ。

斜めに作られた不思議な感覚の部屋を上ったり、映像が飛び出し、イスがゆれる地震体験。錯覚コーナーではなんと!自分の生首が︎

他にも様々なコーナーがあり、楽しいスペースで科学を学びながら遊ぶことができました。

まだまだ、遊びたいスカウトもいたようですが、時間いっぱいに楽しんだようです。


ボーイスカウトでの色々な体験を通して、何か自分が夢中になれること、将来につながる何かを見つけられたらいいなと感じました。


成田



posted by BS練馬9webチーム at 23:41| Comment(0) | ビーバー隊

2017年09月16日

9/3BVS体験会

Point Blur_20170904_215758.jpgPoint Blur_20170904_215837.jpgPoint Blur_20170904_215915.jpg





今日は活動体験会。光が丘公園で宝探しをしました。体験者(5名)も加わり、賑やかでした。初めに、2名の入隊式がありました。

いよいよ宝探しスタート。
謎の海賊船長から一枚の挑戦状が届きました。頭にバンダナを巻いた海賊達がお宝を探しに出かけていきました。3チームに分かれ、出発。ロープの洞窟を抜け、海賊船に乗り込みました。

五感を使ったゲームの始まり始まり。まずは味覚のゲーム。
三種類の違う味のチップスを食べ、味を当てるゲームでした。余裕のクリアで剣と地図をゲット。

続いて触覚のゲーム。
「何が入っているかな?」の3つ箱の中に、目隠しをして手を入れ、品を当てるゲームでした。バナナ、りんご、とうもろこし、当たり。2枚目の地図も楽々ゲット。

続いて聴覚のゲーム。
ブルーシートを壁にし、背後の音をあてるゲーム。
まずは、水の入ったペットボトルを振る音。これはなかなか分からず苦戦。4、5回ぐらいで正解。
次は新聞紙を破る音。これは一度で正解。
そして最後は、洗濯物を干す前のシワ伸ばしのパンパンという音。これも少し時間がかかったがクリアし、3枚目の地図をゲット。

続いて最終、嗅覚のゲームでした。本物の地図をさがす。
始めに本物の地図の匂いを嗅ぎ、次に三枚の地図の匂いを嗅ぐ。本物の地図はどれ?
見事正解。最後の地図をゲット。
そして全ての地図を繋ぎ合わせると、お宝の場所が。
わかると同時に皆が一斉に走りだした。ロープの船も投げ捨てお宝の在り処へ。
お宝ゲット〜〜〜!!満面の笑み。最後は皆んなで山分け。嬉しそうでした。

五感を使ったワクワク体験。剣を持つと盛り上がる男の子たち。その姿を見ていた私たちも楽しめました。

最後はゴミ拾いをし、解散。また次回の活動も楽しみです。

仁人母
posted by BS練馬9webチーム at 10:16| Comment(0) | ビーバー隊

2017年08月05日

7/30BVS グリコ工場見学

Point Blur_20170804_112651.jpgPoint Blur_20170804_111945.jpgPoint Blur_20170804_112340.jpg
 7月30日夏休みのお楽しみ、グリコの工場見学の日です。

埼玉県北本市にあるグリコピアEASTに向かいます。いままでで、一番遠い?移動距離ですが、スカウトたちは元気いっぱい電車とバスを乗り換えて工場に到着しました。


まずはじめは映像を見ながらお勉強です。カカオの実がチョコレートになるまでのお話や、グリコの創業者江崎利一さんの物語を勉強しました。


次にお待ちかねの工場見学!

はじめにポッキー製造過程を見学します。ポッキーのフロアはチョコレートの甘い香りでいっぱい!こどもたちは大喜びです。

ポッキーが、段ボールにつめられる工程から、箱詰め、袋詰めとさかのぼっていくのですが、なんとチョコレート付けの工程は企業秘密だそうで、残念ながら見ることは出来ませんでした。


次にプリッツのフロアに移動。こちらは香ばしい香りでいっぱいです。

そしてなんと!数時間に一度しかない、プリッツの生地が大きな釜から落ちるところを目撃出来ました!

普段の行いが良いからでしょうか?

そこから、生地が薄く伸ばされて、細くカットされ、長い長いオーブンで焼かれていきます。最後に味付けされて、袋に入れ、箱に入れられて出荷用の段ボールに詰められます。プリッツの焼き柄はオーブンの網の柄が付いたものなので片面だけしかないという、今度プリッツを食べるときには絶対語ってしまうトリビアを聞くことができました。


ひと通り見学のあとは、スタジアムホールで、三択の早押しクイズに挑戦です。一人一つ近未来的な早押しボタンがあって子供たちはワクワク。みんなここが一番楽しかったのでは?

クイズを制したのは、隊長でした。さすがは隊長!!


白熱のクイズバトルの後は、おもちゃ展示ミュージアムで、ビスコの自動販売機とおまけのおもちゃの展示を見ました。

古い自動販売機は10銭玉(今の200円くらい)をいれるとチャンバラ映画がみられるというもの。今観ても子供の心をつかむ仕掛けで、グリコがお菓子造りだけではない多角的な視野でビジネスを行っていたことがわかりました。


最後にグリコの像の前で集合写真をパチリ!お土産にプリッツを頂いて見学は終了しました。


いつも何気なく買って食べているお菓子が、色々な人の思いで進化してきて、こんな大規模な施設や機械で生産されていることがわかってとても楽しい見学でした。夏休みの自由研究にもなったかな?


けいしょう 母

posted by BS練馬9webチーム at 07:54| Comment(0) | ビーバー隊