2016年02月17日

2/7 BVSお話会

attachment00.jpgattachment01.jpgattachment03.jpg
ぽかぽか陽気でしたが、まだまだ風が強く冷たいため、今日の活動は室内での「お話会」です。

通常のお話会と違うのは、「聞く」だけではなく、自分でお話を作って、発表もします。

みんなで最初に聞いたお話は「そらいろのたね」。
ゆうじくんの「模型飛行機」と、きつねさんの「そらいろのたね」との「たからもの」交換のお話です。

お話の後は、自分でお話を製作。
自分のお話の元になる絵を画用紙に思い思いに描きました。
キャンディーのなる木を描いたり、
プレゼントの花を描いたり、
ピンクのお家を描いたり、
カラフルな模様を描いたり。
子供それぞれの個性がてんこ盛りです。

attachment02.jpg製作の後は発表です。
発表はなかなか大変。
みんな頑張って個性豊かに発表してくれました。

次は「きく」
本も紙芝居もなく、リーダーのお話だけで、場面を想像します。
リーダーのお話と身振り手振りに、
みんな、真剣に聞き入っていました。

最後は「せかせかビーバーさん」の読み聞かせ。
ビーバー隊にはぴったりのタイトルです。

おっちょこちょいで空気が読めないけど、どこか憎めない「せかせかビーバーさん」が「ゆったりビーバーさん」に変身するまでのお話。

初めて聞くお話だったので、自分自身も聞き入ってしまいました。
子供だけでなく、大人も楽しめる(考えさせられる?)お話でした。

本に出てくる主役はビーバーさんですが、実は登場人物のヘラジカさんやクマさんが主役の別本もあるそうです。
他の本も子供に読み聞かせてあげたいなと感じました。

璃音 父
posted by BS練馬9webチーム at 06:45| Comment(1) | 練馬9団

1/10 CS隊 羽田クロノゲート見学

平成28年最初の活動は、「荷物の流れを知る」をテーマに『羽田クロノゲート』見学です。
『クロノゲート』とは何?
ギリシャ神話の時間の神(クロノス)と国内外をつなぐ出入り口、門(ゲートウェイ)の2つの言葉を組み合わせて出来た名前(造語)だそうです。

まずは電車で京急大鳥居駅まで移動し、羽田クロノゲート近くの萩中公園へ向かいました。
天候(快晴)にも恵まれ、公園では救命ボートゲーム、沈没船ゲーム、しっぽ取りの組対抗ゲームを行いました。
救命ボートゲームは、2組が1位。沈没船ゲームは、2・3組が勝利。しっぽ取りは2組が1位。最後は、しっぽ取りをリーダー(4名)対スカウト全員(12名)でゲームを行い、平瀬(大)デンコーチが最後まで健闘するも、スカウトの元気に負け、スカウトチームの勝利となりました。
しっかり体を動かして温まれば、おなかが空く。よって、カブ弁(昼食)タイム。

午後は、本日のメインイベント『羽田クロノゲート』へ移動。
羽田空港近くにある『羽田クロノゲート』は東京ドーム2個分の敷地面積を持つ、巨大な施設です。スカウトは巨大な建物を見て、歓喜の声をあげていました。
2013年にオープンした建物の中は、最新鋭の設備がギッシリ詰め込まれた夢の世界。
宅急便を仕分けするエリアには、ベルトコンベアが超高速で荷物を運んでおり、1時間で4万8000個を仕分けしているスーパーマシーンです。スカウトは勿論のこと、リーダーと活動に参加したお父さん達も目をキラキラさせてベルトコンベアを見つめていました。
スカウトの中には、「宇宙の銀河系」や「ディズニーランドのアトラクション」みたいと説明するものもおり、ここまで長い時間、宅急便を見つめることは過去にも未来にも本日のみとなるでしょう。
最後には、参加者全員が喜ぶ!お土産です!!
これが素晴らしい。さすがヤマト運輸です。
先ほど見学して学んだ荷物の仕分け方法で、自分のお土産を仕分けして袋に詰めるという体験。
これも参加者全員(大人も含め)ワクワクしながら仕分け体験を行いました。

今年最初の活動のため、軽め?の活動との隊長のお話でしたが、スカウト、リーダー、参加した父母、ちひろちゃん、全員が楽しめた活動であったと思います。
始め良ければ全てよし!良い1年のスタートとなりました。今年も頑張ろう!


CS隊デンリーダー 島影
posted by BS練馬9webチーム at 06:15| Comment(1) | カブ隊

2016年02月04日

1/24 BVS正月遊び

attachment00.jpgattachment01.jpgattachment02.jpg



1月24日、ビックビーバー4人、おまめ5人、見学者1人の総勢10人でカルタと福笑いをしました。


最初は全員総当たりで隊長特製いろはカルタに挑戦!ところが、完成していない札が何枚か…。みんなで頭に入る文字を考え、札に書き入れていきます。絵と続く言葉で次々、完成させていくスカウト達。ところが、ある1枚で流れがピタリ!「○うしのこころ、あかいはね」頭文字がなかなか出てこないスカウト達でした。


札が全て完成し、いよいよゲームスタート!

ビックビーバーの1人が札を読み終わる前に早々「ハイ!」。これではおまめが取れないので、「札が読み終わってから取る」ルールにしました。隊長が読んでいる間にじっくり探せるので、ビックビーバーに負けじとおまめも手を出していました。


次に福笑いに挑戦しました。2人ずつ目隠しをして、「鼻だよ」、「次は口」と渡される顔のパーツを迷いながらも「ここ」と置いていきます。目隠しを取って見ると、目が頭の上にあったり、全てがかたまっていたり…、出来上がった顔を見ては本人からも周りからも笑いが起きました。


最後は、ビックビーバーとおまめに分かれてカルタに再挑戦!

白熱している様子のビックビーバーグループ。隣のおまめグループには、真剣ながらもどこかほのぼのした雰囲気が漂っていました。


久保


posted by BS練馬9webチーム at 20:07| Comment(1) | ビーバー隊

2016年02月01日

1月24日(日)CS隊「浅草七福神めぐり」

file1.jpgfile2.jpgカブ隊副長石田です。あけましておめでとうございます。
 
今日は、お正月らしく、「七福神めぐり」。新年に入って、3回目の活動です。以前川越七福神はカブ隊の活動で回ったことがあるのですが、今回は、初めて浅草まで遠征しました。
 
「七福神」と言っても、今のスカウトたちにはあまり馴染みがないかもしれません。良い初夢が見られるようにということで、お正月に七福神の紙を枕の下にしいて寝る地域もあるそうですが、7つもあげられますか?(自分は5つで力尽きました。)
 
電車を乗り継いで、入谷駅からスタートです。七福神めぐりの前に、隊長から組長に浅草の地図と「3つの質問」が配られました。
Q1 七福神の中に一人だけ日本の神様がいますが、どの神様でしょうか。
Q2 七福神の中に一人だけ女性の神様がいますが、どの神様でしょうか。
Q3 七福神が乗っている乗り物は何でしょうか。
七福神を巡りながら、答えを探してみましょう。
 
1つ目は、「鷲(おおとり)神社」(寿老人)。酉の市の発祥の地としても有名なところだそうですが、赤い大きな鳥居が目印です。まず、小木曽副長から、神前では脱帽、鳥居をくぐるときには軽く会釈、参道は端を通るように、と教えてもらいました。
 
今日は各自5円玉を7つ持ってきて、1カ所ごとにお賽銭を投げて、お参りをしました。最初のうちは「二礼、二拍手、一礼」もかなりぎこちない感じでしたが、何回か繰り返すうちに、少しずつ様になったかな。(でも、お手水を3杯も飲んだと自慢するのは止めましょう。)
 
2つ目は、すぐ近くの「吉原神社」(弁財天)。とても小さなお社です。その脇には「お穴様」といって地中にいる神様が祭られていて、一緒にお参りしました。3つ目は30分くらい歩いたところにある「橋場不動尊」(布袋尊)。ここは神社ではなく773年開祖のとても古いお寺です。なので、柏手はせずに、不動明王のご真言が柱に貼ってあったので、それを読み上げながらお参りしました。
 
そこから隅田川沿いの緑道を南下して、隅田公園にある川沿いの土手で昼食。
スカイツリーがちょうど目の前に見えて壮観です。川にはカモメが100羽くらい浮かんでいて、カラスよりも一回り大きくて、(ヒッチコックの映画ではないですが、)大群で目の前を飛んでくると、ちょっと怖いくらいです。
あえて坂の途中で食べるスカウトもいましたが、案の定、水筒や上着がゴロゴロ、ゴロゴロ。やはり平らなところで食べましょう。
時間がちょっと余ったので、スカウトたちは全員で「こおりオニ」と「どろけい」。こんなに寒いのに子どもたちはやっぱり元気ですね。
 
4つ目は隅田公園のそばにある「今戸神社」(福禄寿)。本殿にはなぜか巨大な招き猫。また、縁結びで有名らしく丸い形の縁結びの絵馬が沢山かけられていました。5つ目は「待乳山(まつちやま)聖天」(毘沙門天)。ここもお寺です。大根をお祀りしているそうで、本殿に三浦大根が山のように積んでありました。
 
いよいよ最後の2つが「浅草神社」(恵比寿天)と「浅草寺」(大黒天)。お寺と神社が隣り合わせになっています。ここまでは、どこもすぐにお参りできたのですが、境内に入ると人、人、人だらけで、しかもインターナショナルな感じ。さすがは外国人旅行客2000万人の威力です。特に浅草寺は、まるで初詣みたいで、長蛇の列に並んで待つこと15分。ようやく賽銭箱にたどり着いて、これで七福神全てにお参りすることができました。
 
日がだんだん傾いてくると風の冷たさが痛いほど。予定より少し早く帰路に着きました。4時前には光が丘駅に戻って、閉会セレモニー。
ちなみに冒頭の質問は、2問正解した1組の勝利となりました。(Q1:恵比寿天、Q2:弁財天、Q3:宝船、だそうです。)
 
今年度の活動も残すところあと2ヶ月です。寒さに負けずに元気に頑張りましょう。
posted by BS練馬9webチーム at 22:59| Comment(0) | カブ隊