2017年03月27日

3/19(日) お別れ会(BVS隊、CS隊合同)

今日は、今年度最後の活動の「お別れ会」をカブ隊とビーバー隊の合同で光が丘公園で行いました。今年度はちょうど年度の切り替えがあったので、1年半となりましたが、カブ隊でいえば、3人のくまスカウトがカブスカウトの課程を終えて無事卒業となります。
朝9時に集合して、セレモニーを行ってから、普段の2組をビーバー隊と混成の3組に分けて、まずポイントゲームを行いました。光が丘公園の中に3つのポイントをもうけて、BPの顔のついた「宝箱」を探し出し、中に入っている「なぞなぞ」に答えると、正答数に応じてお宝(飴ですが・・・)をもらえるゲームです。

なぞなぞは、ビーバー用、カブ用ポイントごとに10問ずつ。大人がみても難しい問題ばかりで、ヒントがないとなかなか解けません。カブで一番難しいと思ったのは、「ある県に住んでいる人は、ハンガーを決して使わないといいます。その県とはどこ?」・・・すぐに解けた方は小学生並みに頭が柔らかい証拠です。
無事に3つのポイントをクリアして、飴を沢山もらって、集合場所に戻ってきたところで、旧ゲートボール場を使って、組対抗のゲームをしました。その間にビーバーからカブ隊に上進する2人のスカウトは、岡村カブ隊長から「リスの道」ということで、カブ隊のちかいとおきてなど、上進に当たっての事前学習を行いました。
1つ目のゲームは「人間知恵の輪」。組ごとに輪になって手を難しくつないで、元の輪に戻る時間を競うゲームです。簡単に解けるときは解けるのですが、1回つぼにはまると、つないだ手をまたいだり、くぐったり、上へ下へと行って、意外となかなか解けません。
2つ目は「洗濯物リレー」。組ごとに横一列に並んで、右端の人から順番に、1本のロープを上に着ている服の右袖から左袖へと通して、左端の人まで通ったところで、物干しロープにつるされた洗濯物のように横一列になって、リーダーのところまで走って行って戻ってくる、というゲームです。ロープを通すのに時間がかかり、ようやくできたと思って走り出すと、全員の息がいまいち合わずにほどけてしまう組もあって、結構手間取っていました。
最後に「じゃんけん合戦ゲーム」。3つの陣地に分かれて、攻撃側は敵陣にケンケンをしながら進んでいき、本陣の大将とじゃんけんをして勝つと、帽子を1つもらえて、本陣に持ち帰って、なるべく沢山帽子を集めるゲームです。実際にやってみると、本陣の大将のビーバースカウトは、時間一杯かけて、次から次へと押し寄せる敵軍とひたすらジャンケンを続けるという、大将の勝負運がものをいうゲームでした。
そうこうする内にお昼が近づいてきたので、閉会セレモニー。ゲームの順位は、クイズでの正答率がものをいって、2組組長チームが見事勝利しました。岡村隊長から1人1人に表彰リボンがプレゼントされました。セレモニー後には各隊に分かれて、解散となりました。

カブ隊では、くまスカウト3人それぞれに岡村隊長から卒業証書と記念品が授与され、スカウトから一言ずつ挨拶がありました。突然のふりでしたが、一人一人今後の抱負などをしっかりと述べていました。このうち2人はボーイ隊に上進しますが、ボーイにあがっても今日の言葉を忘れずにカブ隊で学んだことを活かして欲しいです。
(カブ隊副長 石田)
posted by BS練馬9webチーム at 22:51| Comment(0) | カブ隊

2017年03月19日

3/12 CSイチゴ狩りハイキング

\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA0.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA1.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA2.jpg






今回の活動は、練馬3団・8団・9団の三団合同イチゴ狩りハイク活動となります。
活動テーマは「春を感じる」、活動目標は「観察力を養えるよう認識させる」です。ハイキングのコース上で、五感を使い、春を探し、急勾配であることを忘れるように皆、頑張りました。
 常に急な上り坂を約60分歩いたところで、本日の目的地「琴平農園」、イチゴ狩り会場に到着です。
 農園の人から、イチゴの取り方や美味しい食べ方のご指導をいただき、いざ!ビニールハウスへ突入です。皆、イチゴを前に目を輝かせながら、口いっぱいにイチゴを頬張り、しっかりと味覚で春(甘味)を感じていました。
 イチゴ狩りの後は、農園の人が飼っている『イノシシ』を見せてもらいました。スカウトたちは、檻の中を走り回る獣を少し怖がりながらも興味津々にのぞき込んでいました。

 昼食場所は、約20分ほど山道を下った、横瀬町農村公園です。その下り坂が歩きにくい山道で、スカウトたちは、木の枝を拾い、杖代わりにして、四苦八苦。時々、足をとられて転びながらも、頑張って歩きました。
 昼食は、8団のご厚意により、バーベキューを提供していただきました。焼きそばや鹿、猪の肉など、普段は口にできないお肉もあり、貴重な経験でした。いつも感じますが、なぜ、野山などで食事をすると美味しく感じるのでしょうか。また、楽しく、美味しいハイキングがしたい。と思えるようなハイキングでした。

CS隊デンリーダー 島影

posted by BS練馬9webチーム at 20:06| Comment(0) | カブ隊

2017年03月12日

2/19 BVS そなえよつねにをたいけんしよう

image1.JPGimage2.JPG



今日の活動は池袋防災館での防災訓練です。光が丘バスロータリーに正午に集合し、電車を乗り継ぎ池袋駅で下車。池袋防災館にやって来ました。ビーバー隊7名、おまめ1名の合わせて8名での活動です。まず始めに「消火器コーナー」へ。ここでは消火器の正しい使い方を実際に体験する事ができます。

ただし残念ながら年齢制限の為、ビーバー隊は消火器での消火活動ができません。代わりにママ達が体験させていただきました。燃えている映像が流れると、まず「火事だー!」と叫び、次に「ピン」「ホース」「レバー」の順に操作し消火します。普段あまり練習する機会が無いので、ママ達にとっても良い経験でした。


次に「煙コーナー」に移動し、煙の怖さを動画で観た後、煙が充満した建物内から逃げる訓練です。

暗く、煙(害の無い煙)でほとんど視えない建物内を、誘導標識に従って進みます。腰を低くして口と鼻にはハンカチです。皆んな怖がる事なく、慌てずに良くできました。


次の「地震の部屋コーナー」では地震の疑似体験をしました。地震が来たら机等の下に隠れる訓練です。床がグラグラ揺れる中、皆んな落ち着いて素早く行動できました。


最後に「映画コーナー」で今までに起きた3つの大きな地震を知り、地震の時にはどう行動したら良いのかを学びました。皆んな真剣に観ていました。


今日の活動を通して、地震に対する正しい知識を勉強する事が出来ました。また、実際に体験する事でより深く身についたと思います。子供達にとってもママ達にとっても、とても良い経験をさせていただきました。


しょうたろうママ
posted by BS練馬9webチーム at 21:09| Comment(0) | ビーバー隊