2017年04月16日

2017スキーキャンプ

2017ski0.JPG今年は東京に雪が降らないなー、なんて思ってたら、もうすっかり春ですね。
東京に降らなかった分、上信越に大量に積もったようで、小丸山スキー場に向かう道の両脇には雪の壁がしっかり。途中から路面も真っ白に。夜中にみんなで慌ててタイヤチェーンを巻くことに・・・
そう、今シーズンは参加者が少く貸切バスでは厳しいので、リーダーたちの車にみんなで分乗しスキーキャンプに向かうことに。出発前日に1台がリタイア、というアクシデントにもめげず、なんとか車をやりくりして、無事、宿に着くことができました。

2017ski6.JPG今年は初心者スカウトが多く、親御さんが見てるとスカウトに甘えが出るので、親子を離してレッスン、などなど、コーチ役のリーダーたちも苦労が絶えません。
それでも「滑って転んで」に粘り強く付き合っているうちに、僅かなきっかけで急に上手くなる、それがスカウト。朝一のアイスバーンでは思うように滑れず半べそだった子も、苦労した分、上達もすばらしく。最後は、自分の恐怖心との闘い、なんですよね。
初日は晴れていた空も、2〜3日目は真冬のように雪が降ったりやんだり。3日目のスキー検定では、雲の中に入ってしまい完全に真っ白でしばし中断。それでも、スカウトたちは、上達したところをしっかり見せてくれました。

2017ski1.JPG2017ski2.JPG2017ski3.JPG雪上ゲーム大会では、団委員長の指導のもと、チーム対抗大雪合戦! 雪が柔らかいから、当たっても気持ちいい!? 大人4-5人でやっと動くような大きな雪玉作ったり、リーダーたちもすっかり童心に帰ってました。

2017ski4.JPG最終日は、ほんとに新雪タップリのゲレンデを、ほぼ貸切状態で滑りまくり! 中野隊長の「上級コースも雪がフカフカで、プルークボーゲンでも全然平気!」という口車に乗せられて、中級なりたてのスカウトたちを連れて上級コースに。リフトは今どき珍しい木製のシングルだし、2017ski5.JPGリフト降りるとコースは狭く、ボーダーたちが思いっきり堀った深い穴のようなものがあちこちに。こりゃ大人でも、ちょっと怖い。それでも滑り出すと確かにフワフワで転んでも痛くない!これは楽しい! この時期では考えられない、貴重な体験でした。
また、今年も、スカウトたちによるご飯・みそ汁の「おかわりバトル」勃発。今年は女子スカウトも頑張って食べました! 昔ながらのメニュー、なんですが、宿でいただく食事はほんとに美味しいんですよねぇ。リーダーたちもつい「バトル」に参戦してしまい、太って帰ってくることに。

今年もたくさんのリーダーが全日程参加してくれて、深く感謝、です。雪にも恵まれ、とても良いツアーだったと思います。来シーズンもその先も、リーダーの皆さん、スカウトたち、そして降り積もる「雪」たち、よろしくお願いしますね。

副団委員長・原
posted by BS練馬9webチーム at 01:22| Comment(0) | 練馬9団