2015年07月29日

23WSJ開幕!

IMG_20150725_095047.JPGIMG_20150725_095520.JPGIMG_20150725_095303.JPGいよいよ今日から世界ジャンボリーが本格的に始まりました!
世界各国、日本各地から続々と派遣団が到着し、駐車場は朝からバスがひっきりなしに発着していました。
さすがに夜は静かになりましたが、今この時間も到着している隊があります。

さて、改めて大会の概要を記します。
第23回世界スカウトジャンボリーは、日本としては44年ぶり2回目の開催です。因みに今までに世界ジャンボリーを複数回開催しているのは、スカウト運動発祥国のイギリスのみです。
参加者は150の国と地域から34000人が集まります。日本からは6687人が派遣されています。
メイン会場である「きらら浜」は干拓によって作られた土地で286haの広さに陸上競技場、運動場、ドーム球場、屋内プール、人工海岸、自然観察公園などを有しています。

会場内外にプログラムが用意され、会場内は「地球開発村」「サイエンス」「カルチャー」「ウォーター」等の他、フリーアクティビティもあり、信仰奨励のブース、スカウトショップ、世界各国の展示もあります。
スーパーマーケット、銀行、宅配便、クリーニング店、交番も設けられます。
場外プログラムは、広島の平和記念館、記念公園を見学する「広島ピースプログラム」、山口県内の小中高校(特別支援学校を含め、県内の全校が参加します。)、企業を訪問して交流する「地域プログラム」と一部の「ウォーター」があります。

(スタッフを除く)参加者は「西、東、北」の3ハブ、「Akagi、Bandai、Chokai、Daisetsu、Ena、Fuji、Goryu、Hotaka、Ishizuchi、Jakuchi、Kuju、Miyanoura」の12サブキャンプに分かれて生活・活動します。(スタッフは全員Zaoサイト)
配給や伝達事項、プログラムの日程等はハブ単位、サブキャンプ単位で行われます。

参加者は全員、役割によって色分けされた統一のネッカチーフを着用します。
ジャンボリーの間は国籍や隊は関係無いということです。

会場内の公用語は英語とフランス語です。掲示物や配布資料も全て英語(たまにフランス語併記)で、会議も英語で行われます。
必要な伝達は掲示板で行われますので、自身で足を運んで情報を集めるのが日課になります。
IST専用のプログラムもあるので「知らない」と、仕事ばかりで楽しめなくなってしまいます。
私はスマホの翻訳機能を辞書変わりに、単語を集めて内容を推理(あってる保証は無い)しています。

16時過ぎ、練馬隊が無事に到着しました。
私はちょうど仕事の時間だったので、手を振ることしかできませんでしたが、みんな元気で来たようです。
明日の私の仕事は午前中のみなので、様子を見に行こうかと思います。
そして夜には開会式が開かれます。

IST 久保
posted by BS練馬9webチーム at 00:27| Comment(1) | ボーイ隊
この記事へのコメント
補足です。

練馬隊は、2隊ともDaisetsuサイトです。
写真で載せたスケジュール表が、練馬隊のスケジュールです。
Posted by IST 久保 at 2015年07月29日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。