2017年03月19日

3/12 CSイチゴ狩りハイキング

\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA0.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA1.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA2.jpg






今回の活動は、練馬3団・8団・9団の三団合同イチゴ狩りハイク活動となります。
活動テーマは「春を感じる」、活動目標は「観察力を養えるよう認識させる」です。ハイキングのコース上で、五感を使い、春を探し、急勾配であることを忘れるように皆、頑張りました。
 常に急な上り坂を約60分歩いたところで、本日の目的地「琴平農園」、イチゴ狩り会場に到着です。
 農園の人から、イチゴの取り方や美味しい食べ方のご指導をいただき、いざ!ビニールハウスへ突入です。皆、イチゴを前に目を輝かせながら、口いっぱいにイチゴを頬張り、しっかりと味覚で春(甘味)を感じていました。
 イチゴ狩りの後は、農園の人が飼っている『イノシシ』を見せてもらいました。スカウトたちは、檻の中を走り回る獣を少し怖がりながらも興味津々にのぞき込んでいました。

 昼食場所は、約20分ほど山道を下った、横瀬町農村公園です。その下り坂が歩きにくい山道で、スカウトたちは、木の枝を拾い、杖代わりにして、四苦八苦。時々、足をとられて転びながらも、頑張って歩きました。
 昼食は、8団のご厚意により、バーベキューを提供していただきました。焼きそばや鹿、猪の肉など、普段は口にできないお肉もあり、貴重な経験でした。いつも感じますが、なぜ、野山などで食事をすると美味しく感じるのでしょうか。また、楽しく、美味しいハイキングがしたい。と思えるようなハイキングでした。

CS隊デンリーダー 島影

posted by BS練馬9webチーム at 20:06| Comment(0) | カブ隊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。