2017年05月23日

5/21 BVS「がんばって あるけるかな」

DSC_1022.JPGDSC_0976.JPGDSC_1007.JPG
今日は、トトロの森と狭山湖のハイキングです。久しぶりのハイキングですが、朝から真っ青な空が見えとてもよい天気です。メンバーはスカウト7名、見学のお友だち1名。応援でベンチャー隊の大谷隊長が駆けつけてくれました。とても心強いです。


光が丘バスロータリーに8時45分に集合し、電車を乗り継ぎ、西武球場前に一時間程で到着です。

野球の試合があるらしく、駅前は、賑わっていました。その中で、ビーバーコール、そしてビーバーはねの歌を歌い、出発です。


今日はとても暑く、ちゃんと水を飲むよう野田隊長からお話がありました。出発してからは、日差しが強く、暑かったので水をいっぱい飲むスカウトがいました。


しかし、かわいらしいトトロの絵が描かれた看板を過ぎた辺りから、森の中へ入ると、今までとは別世界のように涼しく、とても気持ちよく感じられました。

森を抜けると、湖が見えてきました。とてもよい景色でしたが、残念ながら富士山は見えませんでした。堤防を渡り休憩スペースがあるところで、待ちに待ったお昼ごはんです。

みんないっぱい歩いたので、よく食べてよく飲みました。

ここにくるまでの間、水筒の水を飲み干してしまったスカウトもちらほらいたので、水やスポーツドリンクの補充もありました。


いっぱい食べて飲んだおかげで、スカウトたちは元気!になり遊び始めました。

そこで、早速、野田隊長と一緒にアクションソング!さっきの元気なスカウトたちはどこへ(?)と思うほど小さな声で歌っていました。まだ、ちょっと恥ずかしいようです。

そのあとは久保副長による宝探しゲーム。お母さんや他の副長たちも見つけられないほど、上手く隠していました。これには、スカウトたちも大盛り上がりです。野田隊長による足音をたてずに鬼から宝物をとるゲームも盛り上がりました。ゲームを楽しんだところで、ごみ拾いをして、帰り道です。帰り道はお寺の中を通り、あっという間に駅に到着しました。電車でまた、光が丘駅に戻り、バスロータリーでセレモニーをして解散です。


暑かったけど、みんな頑張ってよく歩きました!普段それほど歩かないお父さんやお母さんも歩き疲れてクタクタです。

でも、みんなで歩くのはとても楽しかったと思います。

子どもたちが一回り逞しくなったように感じました。


りょうへい、ももか母

posted by BS練馬9webチーム at 21:16| Comment(0) | ビーバー隊

2017年04月26日

BVS 4/23 作って遊ぼう : ブーメラン

Point Blur_20170425_123242.jpgPoint Blur_20170425_123443.jpgPoint Blur_20170425_123709.jpg






今日は今年度初めての活動。

体験の男の子がひとり来てくれて、いつもの公園で賑やかにスタートしました。


まずはみんなで手を繋ぎ輪になってご挨拶。自己紹介のお題は『好きな食べ物』。

聞いてるお母さんたちからは『え?好きだっけそれ?』という声も上がったり…

ちなみに隊長はカレーライス。


そして、青空の下、工作です。

牛乳パックを縦に切り、6枚の細長い板にして2枚ずつ重ねて貼り合わせ、端に切り込みを入れたら、3枚を放射状に組み合わせてしっかりホチキスで留め、テープで補強したらブーメランの完成!

まっすぐ切るのに悪戦苦闘、分厚いところになかなかホチキスがちゃんと打てず、でもみんな諦めず頑張りました。

羽を少しひねったりして調整したら、さあ飛ばそう。

自分のところへ帰ってくるかな?

さすが男の子たちは上手ですね、こういうの。うまく戻ってこない子も一生懸命走って追いかける

みんな慣れてきたところで、自分で投げたブーメランをキャッチするブーメランキャッチゲームです。

さっきの走りが練習になったか、キャッチ出来る子もたくさんいて、拍手喝采、みんなで盛り上がりました。


最後は、立つ鳥 後を濁さず、使った場所のゴミ拾いをして、体験に来てくれたお友だちにありがとうを言い、活動終了。

今年もみんなでいろんな経験出来るといいですね。


えま母


posted by BS練馬9webチーム at 22:38| Comment(0) | ビーバー隊

2017年04月16日

2017スキーキャンプ

2017ski0.JPG今年は東京に雪が降らないなー、なんて思ってたら、もうすっかり春ですね。
東京に降らなかった分、上信越に大量に積もったようで、小丸山スキー場に向かう道の両脇には雪の壁がしっかり。途中から路面も真っ白に。夜中にみんなで慌ててタイヤチェーンを巻くことに・・・
そう、今シーズンは参加者が少く貸切バスでは厳しいので、リーダーたちの車にみんなで分乗しスキーキャンプに向かうことに。出発前日に1台がリタイア、というアクシデントにもめげず、なんとか車をやりくりして、無事、宿に着くことができました。

2017ski6.JPG今年は初心者スカウトが多く、親御さんが見てるとスカウトに甘えが出るので、親子を離してレッスン、などなど、コーチ役のリーダーたちも苦労が絶えません。
それでも「滑って転んで」に粘り強く付き合っているうちに、僅かなきっかけで急に上手くなる、それがスカウト。朝一のアイスバーンでは思うように滑れず半べそだった子も、苦労した分、上達もすばらしく。最後は、自分の恐怖心との闘い、なんですよね。
初日は晴れていた空も、2〜3日目は真冬のように雪が降ったりやんだり。3日目のスキー検定では、雲の中に入ってしまい完全に真っ白でしばし中断。それでも、スカウトたちは、上達したところをしっかり見せてくれました。

2017ski1.JPG2017ski2.JPG2017ski3.JPG雪上ゲーム大会では、団委員長の指導のもと、チーム対抗大雪合戦! 雪が柔らかいから、当たっても気持ちいい!? 大人4-5人でやっと動くような大きな雪玉作ったり、リーダーたちもすっかり童心に帰ってました。

2017ski4.JPG最終日は、ほんとに新雪タップリのゲレンデを、ほぼ貸切状態で滑りまくり! 中野隊長の「上級コースも雪がフカフカで、プルークボーゲンでも全然平気!」という口車に乗せられて、中級なりたてのスカウトたちを連れて上級コースに。リフトは今どき珍しい木製のシングルだし、2017ski5.JPGリフト降りるとコースは狭く、ボーダーたちが思いっきり堀った深い穴のようなものがあちこちに。こりゃ大人でも、ちょっと怖い。それでも滑り出すと確かにフワフワで転んでも痛くない!これは楽しい! この時期では考えられない、貴重な体験でした。
また、今年も、スカウトたちによるご飯・みそ汁の「おかわりバトル」勃発。今年は女子スカウトも頑張って食べました! 昔ながらのメニュー、なんですが、宿でいただく食事はほんとに美味しいんですよねぇ。リーダーたちもつい「バトル」に参戦してしまい、太って帰ってくることに。

今年もたくさんのリーダーが全日程参加してくれて、深く感謝、です。雪にも恵まれ、とても良いツアーだったと思います。来シーズンもその先も、リーダーの皆さん、スカウトたち、そして降り積もる「雪」たち、よろしくお願いしますね。

副団委員長・原
posted by BS練馬9webチーム at 01:22| Comment(0) | 練馬9団

2017年03月27日

3/19(日) お別れ会(BVS隊、CS隊合同)

今日は、今年度最後の活動の「お別れ会」をカブ隊とビーバー隊の合同で光が丘公園で行いました。今年度はちょうど年度の切り替えがあったので、1年半となりましたが、カブ隊でいえば、3人のくまスカウトがカブスカウトの課程を終えて無事卒業となります。
朝9時に集合して、セレモニーを行ってから、普段の2組をビーバー隊と混成の3組に分けて、まずポイントゲームを行いました。光が丘公園の中に3つのポイントをもうけて、BPの顔のついた「宝箱」を探し出し、中に入っている「なぞなぞ」に答えると、正答数に応じてお宝(飴ですが・・・)をもらえるゲームです。

なぞなぞは、ビーバー用、カブ用ポイントごとに10問ずつ。大人がみても難しい問題ばかりで、ヒントがないとなかなか解けません。カブで一番難しいと思ったのは、「ある県に住んでいる人は、ハンガーを決して使わないといいます。その県とはどこ?」・・・すぐに解けた方は小学生並みに頭が柔らかい証拠です。
無事に3つのポイントをクリアして、飴を沢山もらって、集合場所に戻ってきたところで、旧ゲートボール場を使って、組対抗のゲームをしました。その間にビーバーからカブ隊に上進する2人のスカウトは、岡村カブ隊長から「リスの道」ということで、カブ隊のちかいとおきてなど、上進に当たっての事前学習を行いました。
1つ目のゲームは「人間知恵の輪」。組ごとに輪になって手を難しくつないで、元の輪に戻る時間を競うゲームです。簡単に解けるときは解けるのですが、1回つぼにはまると、つないだ手をまたいだり、くぐったり、上へ下へと行って、意外となかなか解けません。
2つ目は「洗濯物リレー」。組ごとに横一列に並んで、右端の人から順番に、1本のロープを上に着ている服の右袖から左袖へと通して、左端の人まで通ったところで、物干しロープにつるされた洗濯物のように横一列になって、リーダーのところまで走って行って戻ってくる、というゲームです。ロープを通すのに時間がかかり、ようやくできたと思って走り出すと、全員の息がいまいち合わずにほどけてしまう組もあって、結構手間取っていました。
最後に「じゃんけん合戦ゲーム」。3つの陣地に分かれて、攻撃側は敵陣にケンケンをしながら進んでいき、本陣の大将とじゃんけんをして勝つと、帽子を1つもらえて、本陣に持ち帰って、なるべく沢山帽子を集めるゲームです。実際にやってみると、本陣の大将のビーバースカウトは、時間一杯かけて、次から次へと押し寄せる敵軍とひたすらジャンケンを続けるという、大将の勝負運がものをいうゲームでした。
そうこうする内にお昼が近づいてきたので、閉会セレモニー。ゲームの順位は、クイズでの正答率がものをいって、2組組長チームが見事勝利しました。岡村隊長から1人1人に表彰リボンがプレゼントされました。セレモニー後には各隊に分かれて、解散となりました。

カブ隊では、くまスカウト3人それぞれに岡村隊長から卒業証書と記念品が授与され、スカウトから一言ずつ挨拶がありました。突然のふりでしたが、一人一人今後の抱負などをしっかりと述べていました。このうち2人はボーイ隊に上進しますが、ボーイにあがっても今日の言葉を忘れずにカブ隊で学んだことを活かして欲しいです。
(カブ隊副長 石田)
posted by BS練馬9webチーム at 22:51| Comment(0) | カブ隊

2017年03月19日

3/12 CSイチゴ狩りハイキング

\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA0.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA1.jpg\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA1\xE3\x81\x94\xE7\x8B\xA9\xE3\x82\x8A\xE2\x91\xA2.jpg






今回の活動は、練馬3団・8団・9団の三団合同イチゴ狩りハイク活動となります。
活動テーマは「春を感じる」、活動目標は「観察力を養えるよう認識させる」です。ハイキングのコース上で、五感を使い、春を探し、急勾配であることを忘れるように皆、頑張りました。
 常に急な上り坂を約60分歩いたところで、本日の目的地「琴平農園」、イチゴ狩り会場に到着です。
 農園の人から、イチゴの取り方や美味しい食べ方のご指導をいただき、いざ!ビニールハウスへ突入です。皆、イチゴを前に目を輝かせながら、口いっぱいにイチゴを頬張り、しっかりと味覚で春(甘味)を感じていました。
 イチゴ狩りの後は、農園の人が飼っている『イノシシ』を見せてもらいました。スカウトたちは、檻の中を走り回る獣を少し怖がりながらも興味津々にのぞき込んでいました。

 昼食場所は、約20分ほど山道を下った、横瀬町農村公園です。その下り坂が歩きにくい山道で、スカウトたちは、木の枝を拾い、杖代わりにして、四苦八苦。時々、足をとられて転びながらも、頑張って歩きました。
 昼食は、8団のご厚意により、バーベキューを提供していただきました。焼きそばや鹿、猪の肉など、普段は口にできないお肉もあり、貴重な経験でした。いつも感じますが、なぜ、野山などで食事をすると美味しく感じるのでしょうか。また、楽しく、美味しいハイキングがしたい。と思えるようなハイキングでした。

CS隊デンリーダー 島影

posted by BS練馬9webチーム at 20:06| Comment(0) | カブ隊