2016年10月29日

10/16 「かぼちゃのおばけになろう」

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG

10月31日、今やすっかり日本でも年中イベントとして定着したハロウィン♪

今日は、体験の男の子ひとりが参加してくれて、賑やかにハロウィン工作です。


まずは仮装の要、お面作り。

ジャック・オ・ランタンの絵に思い思いに色を塗り、牛乳パックを開いたものにしっかり貼り付けます。

カボチャカボチャした色にした子はいなくて、斬新!?ユニーク!?独創的なデザインと色使い!!

穴を開けたい目の部分の形も斬新過ぎて、これだと覗いても見えないかな~なんて子も。

お化け撃退出来そうです。


ボンドが乾くのを待つ間に、折り紙タイム。

お化けにカボチャ、コウモリに教会、完成すると所々立体的になる折り方で、少し難しかったかな?

でも、手伝ってもらいながらみんな頑張ってたくさん折ってました!!


これがどうなるかというと、黒いごみ袋に頭と腕を出すところに穴を開けたポンチョ?に、先程折ったハロウィン作品を貼り付けて、仮装の衣装の出来上がり♪

カボチャのお面にベルトを付けて、さぁお菓子をもらいに行く準備は万端!!


…と、ここで、副長がコッソリ部屋に仕込んでおいたゲーム開始。

小さなお化けの折り紙が部屋に隠されていて、これがないとお菓子と引き換えられない!!

みんな必死!!

最後のひとつが見つからない!!

でも、協力して全員見つけられました。

しかしまだ関門が!!

お菓子を持ったお母さんたちにじゃんけんで勝たないとお菓子がもらえない…

trick or treat、みんなちゃんと言えるところ、現代っ子ですねぇ。


一足早いこどもたちのイベント、リーダーさんたちのお陰でとーっても楽しめました♪


えま母


posted by BS練馬9webチーム at 19:57| Comment(0) | ビーバー隊

2016年10月02日

50周年合同キャンプ

50th01.JPG発団50周年記念の合同夏キャンプは8/11〜14、見事に快晴の連続で空もお祝いしてくれたようです。キャンプ地はスキーキャンプの定宿、北志賀小丸山の「昇荘」。野営地は宿の土地をお借りしてゲレンデの近くに。草木が深く生い茂っていて、リーダーやVS、RSたちが先乗りして開拓するとこに。道路から2mほど低く、うっそうとした中を進んでいくと、とてもさわやかな清流が!RS隊長の作品であるトイレの踏み台は蓋つきのおかげでほとんど臭わずペーパーホルダー付き!草刈りするBS副長が目を輝かせ、電動カッターを嬉々として振り回していたといううわさも、、、

50th03.JPGキャンプ初日、BSのキャンプサイトではスカウトがトイレを掘り、用水路に橋を渡しました。VS、RSのキャンプサイトでRS隊長が取り出したのは、なんとウッドデッキの製作キット!土台作って板を敷き詰めて、手摺付けてテーブルセット置けば、素敵なカフェスペースが!スカウトはもちろん、ベテラン!?女性リーダーたちがとても気に入って、ついた店名が「Barローバー」、逆から読んでもバーローバー、ってね。

50th04.JPGRS隊長の創作意欲はおさまらず、大きなネットを木々の間に張って、それは大きなトランポリンのよう。スカウトは乗り放題、リーダーは体重制限!?であまり乗れず、残念。 さらに!高い枝からロープと板を吊り下げて出来たのが、そう、「アルプスの少女ハイジ」の世界!とても長〜いブランコは、スカウト、リーダーみんなで取り合いでした。
この後CSたちは、宿の畑でトウモロコシやジャガイモ、たくさん収穫してきました! 採れたてのトウモロコシは、生のままでもとても柔らかく、瑞々しく、そして甘い。夕食の後は、星空見学に。燦然と煌めくたくさんの星たち!最近はスマホのアプで星座名とその位置が、バッチリ、わかるんですねぇ。

50th02.JPG2日目も快晴!CSたちは竜王山ハイキング。ロープウェイで1770mの山頂へ。ここからのパノラマは見事!帰りは、段ボールを使って芝スキーを。初めはお尻で滑ってたスカウトたちもやがて立ち上がり、見事に滑走!目指せ、東京オリンピックのスケボ選手!!

50th05.JPG3日目もまたまた快晴!BS、CS、BVSの縦割り班で、まずは鱒つかみ、その後、お昼は流しそうめん!これをやるとスカウトたちは、よく食べるんです。その後は班対抗ポイントラリー、班長はBS、でも見事にミスコースしてのんびり戻ってくる班も。暑さの中、大人は熱中症気味の人も。でもスカウトは元気そのものでした。夜はキャンプファイアー!出し物は、各リーダーがひとつずつ、しっかり盛り上げてくれて9団のリーダーはみんな芸達者だねぇ、と団委員長が感動しきり。

また、毎朝のセレモニーでは、VS・RSがスカウツオウンを担当。あのスカウトがこんなにいい話をしてくれるなんて!と、びっくり。スカウトたちは知らないうちに成長しているんですねぇ。

最終日も快晴!CSたちはスキーゲレンデでバッタ捕り。スカウトはもちろん、リーダーたちも見事に!?童心に戻って駆け回ってました。そして深い緑が鮮やかで、空はどこまでも青くて、空気は冴えて、水は清らかで、とても恵まれた環境で記念キャンプは無事、終えることができました。BSは自分たちが一から開拓したキャンプサイトとのサヨナラに名残惜しそうで、来年も来ようか、50th06.JPGなんて話してました。各隊だけでは出来ない、いろんなイベント、いろんな交流。縦割り班ではBSがCSを、CSがBVSをしっかり面倒見てくれて、うれしくも頼もしく感じていました。みんなの意見、みんなの準備、みんなの協力でとても良い4日間が過ごせました。これからも、力を合わせて、1年ずつ、素敵な歴史を刻んでいきたいものです。

副団委員長 原
posted by BS練馬9webチーム at 23:15| Comment(0) | 練馬9団

9/18 BVS ボーイスカウトのサインを知る(基本訓練)

IMG_0078.JPGIMG_0079.JPGIMG_0075.JPG

夏休み前以来の久しぶりの活動となりました。集まったメンバーはビーバー5人、おまめ1人です。ひさしぶりの活動だったためか、夏休みにどこに行きましたかと隊長が聞いてもシーンとして声がなかな出ませんでした。今回は高下団委員長とRS隊大谷隊長とRSスカウト2名がお手伝いに来てくれました。活動内容は基礎訓練と奉仕活動です。基礎訓練の内容は制服の着方、整列隊形、国旗掲揚と降納、ソング練習、ビーバースカウトのきまりについてでした。全部なくてもいいから2つだけでも覚えて帰ろうと目標を立てました。


まずは、BVS隊リーダーとRS隊スカウトがわざと制服を着崩しておかしいところを直してあげるというゲームをやりました。それぞれ、ボタンが一つかけ忘れていたり、ベルトがきちんとループに入っていない、シャツのすそが出ている・・など明らかにおかしい服装でしたが、遠慮しているのか、子供たちに声をかけても反応が鈍くなかなか直しませんでした。やっと一人がベルトを直し、それにつられてもう一人動いてやっとシャツのすそなど直しました。そのあと整列して前の子のネッチを直すことを練習しました。


次に整列隊形です。基本的な気を付け、やすめの練習から始めました。普段は気を付け!やすめ!と声をかけられても曖昧な反応しかできない子供たちがリーダーの身振り、手振りだけで動く練習です。整列隊形は久保副長が人がジェスチャーをしている絵が書いてあるカードを使って解りやすく教えてくれました。はじめは、まっすぐ並ぶ、円陣になるということができなかった子たちでしたが、なんとかできるようになりました。またBVSスカウトの一人が号令の合図をすることに挑戦しました。頑張りましたね。


活動が盛り上がってきたところで雨が大降りになってきたため、一旦休憩し、次は屋根の下で国旗掲揚、降納時の決まりです。旗のほうを向いたり、旗が上下するときに敬礼することを教えてもらいました。


次はソングです。普段からよく歌う「ひかりのみち」「連盟歌」「ひとひのおわり」を練習しました。休憩中は大きい声が出るスカウトたちですが、恥ずかしいのか、歌のときはなかなか大きな声がでませんでした。


最後は、ビーバースカウトのきまりです。普段からセレモニーでよく読み上げる言葉ですが、改めて言葉の意味を考えました。元気に遊ぶためにはどうしたらよいかというお題について早起きをする、ご飯を食べる、よく寝るなどスカウトが意見を出しました。その他に物を大切にすること、良いことをすることもそれぞれ自分たちで考えて書き出し、発表しあいました。今回の基礎訓練により、改めて心構えの大切さを知って日常生活にも活かして欲しいな〜と思いました。


最後に50周年記念誌用コメントとして、これからのスカウト活動でやりたいこと、楽しかったことなど各自一言書きました。雨が降ったので予定していたゴミ拾いは出来なかったのですが有意義な活動だったと思います。


2016.9.18 りょうへい、ももか母


posted by BS練馬9webチーム at 13:19| Comment(0) | ビーバー隊

2016年07月28日

7/16-18BS隊キャンプ

1469707846959.jpg1469707877234.jpg1469707934640.jpg7/16〜18の三連休で、練馬7団さんの小手指キャンプ場をお借りして、訓練キャンプを行いました。
今年の夏は山を伐り拓いてのサバイバルキャンプですので、その準備キャンプとなります。ここのところ整備されたキャンプ場ばかりでしたので、今いるスカウトはトイレを掘ったこともありません。幸い、小手指はトイレなし・敷地内に水道なしということで、訓練にはぴったりです。7団さん、ありがとうございました。

通常は3個班で活動していますが、今回は参加者少なく、混成一班体制です。
トイレを掘って、Aテントを建てて、水穴掘って。いつもの設営以上に大忙しです。かまどが立ち窯じゃなくて良かったね、なんとかご飯も食べられて、ナイトプログラムをする時間もできました。2チームに分かれてソング対決。はじめはひとりかふたりの声しか聞こえない様でしたが、最後は全員の声が聞こえました。せっかくいろんなソングを覚えたから、歌い続けて欲しいですね。

プログラムもできたその代わりといっては何ですが、夜のサイト点検はとても言い表せないような状況で。まあ、翌日改善してもらいます。

中日はサイト改善とキャンプクラフトです。普段から酷い、水回りのクラフトというお題を出しました。(いつも手の回らないところです)
相談しながらポリタンク置場を作っていましたが、どうしても立ち窯から抜け出せない9団スカウト、イメージが湧かないんでしょうね。ここは大人力を見せびらかしつつ、リーダーでシャワー室を製作。立木にロープとブルーシートで囲いを作って、薪と枝ですのこを作って、ペットボトルに如雨露の口を付けたのでセルフ水浴びスタイルです。(シャワーっていうか、行水?)初日だけでもたっぷり汗をかいているのて、スカウト全員が「水浴びしたーい!」と、順番にさっぱりしました。夏キャンプは三泊四日ですから、こんなのもあったなと思い出してくれると嬉しいですね。

最終日、若干まったりしながら、それでもまずまず順調に撤営完了いたしました。もっと時間がかかるかと思っていたので、班長はじめ全員がよくがんばっていたのだと思います。

大量の蚊に悩まされはしましたが、気持ちのいい場所で、貴重な体験が出来たことと思います。
キャンプ場のご提供を下さいました練馬7団様、陣中見舞に来てくださった鈴木団委員長、17団の皆様、応援に来ていただいた大谷VS隊長、ありがとうございました。

BS隊副長 さとうなおみ
posted by BS練馬9webチーム at 21:13| Comment(0) | ボーイ隊

7/3 BS武甲山登山

1469699738238.jpg猛暑日となりました7/3、BS隊は武甲山登山へ行きました。スカウト8名、3班編成で、西武池袋線横手駅から出発し、武甲山を登り、浦山口へ下りるルートでの計画です。

7:15各班毎に横手駅集合、セレモニーのあと、10分間隔で出発。
今回は特にお題もなく、地図を見ながらひたすら歩く活動です。迷うような道でもないと、実踏では思ったのですが、そこは流石BS隊、全ての班が線路を越える手前で迷った様で。
ともあれ、横瀬から登山口まではセメント工場を横目に見ながら二時間弱、舗装路を歩きます。山道に入ると起伏のない急登が続きます。中学生二人の先頭班はさくさく、小学生を含む後続二班は声を掛け掛け、小休止をとりながら進んでいきます。途中、不動の滝では頂上トイレの水運びをし、しんがり班は埼玉スカウトの実踏リーダーさんたちと抜きつ抜かれつしながら杉林を延々と登ります。予定を若干おしつつ、全員が頂上へ到着!1300mはここ何年かのハイクの中では最高峰ではないでしょうか、みんな、頑張ったね。

しかし、しんがり班が頂上へ着いたところで先発班より無線が。浦山口方面は崩落の為通行止めになっているとのこと。先発班はシラジクボ経由で横瀬ルートへ、後発二班は登ってきた道をそのまま横瀬へ下りることになりました。橋立鍾乳洞見学も予定していたのに、残念です。

お昼休憩で元気を取り戻し、下りはサクサク、スカウトはほぼノンストップで下りていきます。登山口を出て、延命水で水筒をいっぱいにしたら、あとは横瀬駅までの舗装路です。が、正直、これが一番辛かったかもしれません。登山道は樹林帯だったので暑さもさほど気になりませんでしたが、全く遮るもののない舗装路、しかも昼過ぎのピーカン。これが嫌で浦山口へ下りる計画だったのですが、崩落では仕方ありません。水分をとりながら、横瀬駅へ向かいます。あと少しというところで、バテたスカウトが出たので休憩しつつ、最後は彼のザックを班長が持って、横瀬駅に全員が無事到着。

結果的に、予定していた電車に乗ることが出来、予定通りの解散となりました。
久しぶりの登山でしたが、達成感はありました。みんな、疲れた中にもいい表情していました。
posted by BS練馬9webチーム at 18:56| Comment(0) | ボーイ隊